羊(ひつじ)

夢の意味

純真無垢か、盲従か

夢の羊に

大人しい、従順な印象を受けたら、

か弱さや愚かさ、臆病な存在

を表し、

盲目的に何かに従っている

可能性があります。或いは、

昼間誰かに挑発され、感情が激しく揺れ動いた

のでしょうか。

ヒツジは、捧げものとして扱われていたこともあるため、

何かのターゲットになることを恐れていたり、恐ろしい状況に導かれるのではないか、

と危惧していたのかもしれません。

そうした心の動きは、

自分は弱く、護ってもらう立場にある

と思い込んでいるからであったりもします。

 

「羊の群れ」は、

あなたが「自分は群衆の中の一人である」という認識を持っていて、

その規範に沿って、しっかり生きている

ことの表れであったりします。

あなたが、

平和な力関係の中に生きていること。

動物参照。

でも、それはときに

自分は群衆の一人にすぎない、

一人でいきてゆくことはできない、

という否定的感情にも容易になりえ、

自分の力で道を切り開くことを諦めてしまう

ことがあります。

羊は、

自尊心が低く、自分には決断する能力がないという無意識の認識、

つまり、主体性に欠ける存在

を示していたりもします。

私達は、誰もが自分の中のそうした羊を最善の道に導く

有能な羊飼いになる必要があります。

規制し、抑圧する

のではなく、

エネルギーの発散の仕方を習得し、

遊ばせ上手になり、

限られたエリアでしか「自由になれない」という

怒りを野放しにさせない

ことです。

 

のある、威厳に満ちた羊が登場したら、

前進するための、十分な自信が備わったこと。

強い自我が育ち、自分を追い立てる必要がなくなった

のではないでしょうか。或いは、

自立への戦い。

心の奥で眠っている弱い者達

を奮い立たせようとしているのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました