実在しない場所

場所夢の意味未知のもの・実存しない生物・人智を超えた事象

なんか違う。どこで間違った?あの場所から、もう一度スタートするしかないかも。

道は間違えていないはずのに、いつもとはまるで違う場所にいる、

そんな夢は、一つには

あなたの中で

「現実から逃避したい」

という願望が高まっていることを示しています。

 

最近、

「もしも、あの時こうだったら」

「もしも、この先別の方向に進むことができたら」

と考えることが多くありませんか。

無意識の世界では、数え切れないほどの次元の映像を流すことができ、

「もし、その人生を生きていたら」どうなっていくか、

その道を見せてくれることもあります。

 

もう一つには、

これまで絶対視していた世界が変り、そのままの意味「ないはずの道が浮上した」こと。

夢の現実世界が

これは必然だった、という感覚や、

あなたもこうなることは「分かっていた」という気持ち

を表すとしたら、

実在しない世界は、その先をゆけば素晴らしい体験はできるけれど、

あなたの中でまだ準備できていない世界

と考えることもできます。

例えば

華やかさや人の注目に重点をおいていた人が、もっと「実質的」なことに目を向けるようになったとか、

軸足を他に映した可能性があります。

「人生の午後」と言われるような年齢になり、

「どう見えるか」よりも、「どう生きるか」が大切だと気づいた、という人が見ることがあります。

そのような場合、

「本当に実行されるか」

が問われています。

どのような場合も、あなたの中では

何か古いもの、懐かしい縁と結びついているような気がしているのでしょう。

 

生きる現場の中では、

もう為す術がない、

と思えることがあります。

私達の生活には何かとルールや規則があり、それを基準に物事を考える癖があります。

あなたを

理屈で縛ります。

日常的感覚から離れ、普段の切迫感から解放され

のびのびと考える時間を持つ

ことは、新しいものに出逢い、それを取り入れるためにも大切なのです。

実生活の殆どは、あなたの心が創り出します。

見慣れたものに囲まれていたとしても、

心の中にある広大な世界に目を開きさえすれば、

閉ざされていた世界への扉が開くことができます。

パラレルワールド参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました