父性の象徴であるとされる太陽に対し、

月は母性の象徴

であるといえます。

古代から

ロマンチックな存在とされ、

繊細さ・感受性・想像に満ちている反面、気まぐれで移り気な一面を持つ

とも言われているのです。

月の輝きは、主に

あなたの精神状態

を表わしています。

それは、誰もが知っているあなたではない、

謎の部分

であったりもします。

月は、毎日少しづつ形が変わります。

そして、自分では光っていません。

太陽の光を受けて輝く月は、

あなたが、外側にあるものからどう影響を受けているのか

を表しているのであり、

夢の月は、その様子から、今の自分がどうすべきかを教えてくれるのです。

例えば新月の夢なら、

新たな意欲や好奇心が芽生えていることを示します。

願いを明確にしましょう。

半月には上弦と下弦があります。

上弦は弦が上を向いている月で、「競争・戦い」を示します。

下弦は下を向いている月。物事の衰退を示します。

上弦の夢なら、行動に重きをおき、決めたことに向かってエネルギーを集中させましょう。

下弦の夢なら、ゆっくりと流れに身を任せましょう。

満月の夢なら、エネルギーは頂点に向かっています。

あなた自身を魅力的に輝かせるので人気運も上昇するでしょう。

夢の月が雲で覆われているのは、感情を曇らせるようなことがある、つまり心配事を暗示しています。

行き詰まった時に閃くインスピレーションは月が導く智慧です。

月の智慧に導かれ、感情の不均衡を正していくので、心の中の葛藤を解消することができます。

それによって、自分の自信を取り戻すことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました