生徒

生徒

精神が若く、未来に建設的な姿勢である

ということ。

自分は未熟だと、謙虚な気持ちを持っていること。

自分に対して厳しい心、心にはりがあり、

「人生」の学びを深めたい、という思いが増しています。

 

夢の中で先生が登場して霊的成長へと導いてくれることがあります。

現実にも、

師や道を見つけ、新しい知識の吸収に熱心になっている可能性があるでしょう。

自分本来の性質と特性に気づいていくことができれば、

効率よく自分にあった価値・目標・理想を選び、魂を成長させていくことができます。

 

人生の学びに締め切りはありません。

何級とるとか、何段をとる、資格をとるといった目標設定は確かに励みになるかもしれませんが、人生の実りには必ずしも不可欠なものではなくて、

進むスピードや成果よりも、

その作業の中で、いかに大きな喜びを味わえるかということが大切です。

 

否定的な印象がある場合、昼間に発生した事の原因は自分の問題点にあるのではないか、

と感じている可能性があります。

この場合、夢のシーンの中で教師や上司に

自分の未熟さや問題点を指摘されていることもあるでしょう。

現実に対処していることについて、

自分の力を出すためにじっくり時間をかけて取り組むよう、促されていることもあります。

それだけ、あなたにとって大切なことなのです。

 

ときに、人生をより実りあるものにするために、

自分の中に埋め込まれた歴史の記憶を再検証しよう、としている可能性もあります。

これまでとは違った方向の心の構えが求められているのかもしれません。

その心構えさえできれば、現実でも実りある学習体験ができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました