命令する

命令する

やっかいな問題を背負うことになること

を表わします。

誰かに命令する以上、

命令した責任を引き受けなければならなくなる

ということなのです。

現実に人に命令することがあったら、

相手がうまくその仕事がこなせるよう、自信をあたえてあげましょう。

命令を下す前に相手の感情を観察し、

今の状況で手一杯ではないか、それ以上の指示を与えると感情が爆発してしまわないか考える必要があります。

・指示を出す前に、相手の状況・様子をみる

・相手の感情的な弱さを認識しておく

この二つを心にとめておくことが大切です。

あなたが時間をかけてあらかじめ確かな信頼関係を築いておけば

相手は命じられたことの遂行も楽しくできるようになります。

あなたにとってはわけもなくできることであっても、相手にとっては大変な困難を要するかもしれない、と考えたとき、

相手を気遣うことは、仕事が確実に完了することを更に確実にすることになります。

相手が気乗りしない場合に備えてほしいのは、

「私達が目指しているのはここ。あなたならどうする?違う考えがあったら聞かせてね」という気持ちを示してあげることです。

結局その姿勢が自分を救うことになるからです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました