会食・食事

夢の意味行為

一緒に食事できるなんて、夢みたい。

目前の課題に取り組む姿勢や、それによって心を養うこと

を表しています。

食事の準備をする夢は、

それが他人のためであれ、自分自身のためであれ、何か重要なことを組織したり、

何かを作り出そうとしていることを表します。

 

私達は、

居住する土地の「恵み」に支えられて生きています。

もの・場所・時間の共有は、相互の親近感が強まることの表れであり、

一緒に食事をする人は、同じものを食べる人々、

共に問題に取り組み、思いを共有できる同士です。

理解のプロセス。

喜びも悲しみも、過去の思い出も、未来への想像も共有し、

実りをもたらす関係

です。

理解できるのは、お互いの経験が一致するものが沢山ある

ということ、両者に「違い」があっても、

それを(経験から身につけた)想像力で補える関係であるということです。

 

だから

現実で親近感を深めたいと思う人がいたら、

「同じ時間に同じ場所で同じ経験をする」機会を増やしていくと良いでしょう。

あなたが作っても、食べる時に分断されるような夢は、

自分だけが負担を感じている問題がある

ということかもしれません。

食べる人の

理解力、努力、協力があって

解決していくことを告げています。

テーブルに置かれた食べ物は、

これからあなたが経験しようとしていることの象徴、

あなた(たち)に取り組まれるのを待っているのです。

食べる参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました