親を殺す

悲しみと絶望に苦しみ座り込む男性の姿
夢の意味

もう、拠るべきところはない、でも、こうすることでしか・・。
自分で責任をとり、決断していくべきときがきたということ。

親への愛着や依存を断ち切るための

正当な言い訳が必要であるということなのでしょう。

 

どちらか片方の親を殺す夢は、

独立の要求を激しく表すものの、

それが非常に困難であると感じている

可能性があります。

 

親は、自分の心の中の元型像であることが多く、

心の世界の様々な力や傾向の象徴になっていたりするので、

今の人生の中の衝突や問題が、家族という形の中で体験されている

可能性もあります。

(状況の緊張を緩め、実際の人間関係を円滑に進めるためのアプローチであったりする)

 

両親は子供に生命を与える存在であると同時に、

社会に受け入れられるよう仕向けていく存在です。

ー 父親は権威や良心、否定的には抑圧、

母親は保護や母性、否定的には(度を越せば)破壊につながる

心を表すことがあります。

 

あるシンガーソングライターが、事務所を離れることを検討している最中、

「酔った父親が母親を殺す」夢をみました。内容はだいぶ割愛しますが、

このころの夢主の心情は、

確かに今の事務所は

私にシンガーソングライターとして活躍する機会を与えてはくれたが、

このやり方には無理がある、自分を犠牲にしなくては続けていけない、

もう独立して自分に最も適ったやり方、方針で進めていきたい、

というものでした。

所属事務所の規律は理解に苦しむもので、努力に見合わないひどい扱いをされていました。

でも、

そこを離れてしまえば、失うものも大きく、これからの活動に大きな支障が生まれます。

こんなふうに、

(独立の)願望は強くあるが、おもうに任せられない、反抗的な怒りが隠されている

という可能性もあります。

 

夢の中では、

父親が母親に暴言を吐くシーンも描かれています。

そうしたシーンが、あなたの夢にも描かれていたとしたら、

自分の女性的な原理を冒涜されている、

と感じているのかもしれない、

また、事務所社長の権威

自己中心的な要求ばかりし、実を結ぶことのないやり方を貫こうとする性質

が優位に働いている、ということかもしれません。

 

男性(父)と女性(母)が争いは、善と悪の葛藤であったりもします。

両者が和解しあう夢なら、良い方向に向かっていく可能性もあります。

 

上記の夢主は、葛藤のすえ、事務所を離れ独立する覚悟を決めました。

殺す 参照

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました