殺す

殺す

夢で誰かを殺すのは、その人の影響下から逃れたいと思っていることを表わします。

親や指導者を殺す夢は、「自立心」の表れ、

恋人を殺すのは、相手を束縛したいと思っていることを、

友人を殺すのは、友人に勝ちたいと思っていることを表わします。

いずれの場合も、

優位に立ちたいが「現実では容易に叶わない」、と思っているのです。

夢は、そうした自身の気持ちにけりをつけ、乗り越えようとしていることを、

自分なりの新しい価値観を打ち立てようとしていることを表わしています。

自身の向上のための必要プロセスだとしても、

誰かを殺してしまった、という夢は悲惨で、あなたの心は壊れそうになるかもしれません。

罪悪感・悲しみ・喪失感、そして

これまで親しんだ世界から突き放され、もう後戻りできないという孤独に立たされます。

それは現実でも同じ。

大きな変化を迎える時、人は「二度と戻ってはこない」という喪失感に打ちひしがれたり、「死ぬかもしれない」と思えるほど辛い体験をしながらも、現実を受け入れるようになります。

気持ちをごまかさず、しっかりと理解し、味わいましょう。

事態を受け入れ、ピリオドを打ちましょう。

あなたの中ではもう、新たなものが目覚めはじめています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました