眼鏡

眼鏡
どこに焦点をあてるかが問題です。

対象に近寄り過ぎると、他のものが見えなくなってしまいます。

ちょうどガラスのウインドウに顔を押しつけているように、ずっとその問題にはまりこんでしまうのです。

狭い範囲に意識が集中して神経が過敏になっているとき、ちょっとずれている程度の些細なことが大きな問題に見えてしまいます。

緊張感と不安感は更に高まり、問題に固執してしまうようになります。

意識して、対象から一定の距離を保つようにしましょう。

 

眼鏡がくもっていてよく見えない

のは、

理解力が足りないとか、知覚力が乏しい

状態であること。

 

眼鏡を失くすのは、

道が失われつつあるという暗示。

あなたが何かに溺れていて、

そこから抜け出さない限り、道が閉ざされ続ける

と告げている可能性もあります。

 

また「色眼鏡」で見る、という言葉があります。

夢でおかしな眼鏡をかけているような時、生活において思惑や評判、見かけに埋没してそれを価値基準にしていることがあります。

魂の本質はそれとは別のものだ、と夢は告げているのでしょう。

自分の目で真実の姿を映し、状況を正しく理解できるようにしましょう。

占い
hanako0513をフォローする
夢占い・夢メッセージのキーワード検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました