命令される

命令される

自分の判断ではない、

強制的な運命に従っていると感じている

ことを表わします。

命令に従っているほうが楽で、「それを期待している」場合もあるでしょう。

例えば病院でこれこれこういう薬を飲みなさい、というのはお願いではなく、

治したいならそうしなさい、というほぼ命令です。

なので、ある問題に途方に暮れている時は、その命令がえてしてあなたを救うこともあるでしょう。

ただ、そうでない場合は、なぜ命令に従わなくてはならないのか、従う必要があるのか、

判断する必要があります。

相手の言っていることが「命令調」に聞こえるのは、

相手の言葉や行為がどこか暴力的で、まるで身を傷付けられるかのよう、

心に衝撃を感じているのです。

本当は命令に従いたくないのかもしれません。

それは、自分の内面から立ち現れる自然な所作ではないから。

これまでの運命を変えようとしているのなら、理不尽な命令を拒否する必要があります。

「生」は運命を超えるものであり、あなたが自ら勝ち取っていくものです。

あなたが何を食べ、どんな生活を送るのか、決めるのはあなた自身です。

強くなるのです。

自分自身が「良かった」「勝った」といえる

人生の価値を作ること が大切です。

あなた自身が「心の師」となり、自分を明るいほうへ、楽しくなるほうへと向けていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました