殺される

殺される

「死ぬ」という生命の摂理とは異なり、

強制的な働きかけによって再生を余儀なくされるだろう、

という予兆です。

今までの運命が変るという意味においては「死」と同じですが、

あなたの側には準備が整っておらず、意志に反するやり方で変容せざるを得なくなったという点で異なります。

悪夢で終わらせないためには、本来自分ですべき決別を助けてもらえた、と肯定感を持つことが大切です。​

これまでのあなたが、どんな変容を迫られても生き方を一向に変えようとしなかった、という可能性もあるでしょう。

大きな変容の時には苦痛を伴うものです。

これまでの人生に固執して自分を頑固にしていたり、無感動のまま生きていると、人生を豊かにしてくれるものを掴み損ねてしまいます。

「殺される」のは、ある種そうした頑固な自分の考えを覆すような事実が生じる時です。

もしも、あなたの心に自分の考えを訂正する用意があるなら、思ったよりも短期のうちに別人のようになれるでしょう。

幼年期から老齢期に至るまで、誰もが各段階において、それまでの心身の組織を脱ぎ捨てねばなりません。

夢の「死」は、あなたが「再組織化」されることを意味するもので、恐れるものではないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました