自分が死ぬ夢の場合、多くは自分の中のある側面や特徴が消失することを、何かが始まることを表わします。

何かが新しく生まれ変わるためには、何かが死に絶えなくてはなりません。

たとえ古い自分は消えてしまったとしても、その向こうには思いもしなかった新しい生命や存在のあり方が待っています。

自分の意識の中で有用性を失ったものを捨てれば、新しい価値を植え付けてゆくことができます。

草木は冬になると枯れて朽ちてゆきます。

けれど春になると同じ場所から再び花を咲かせ、前年に種を実らせた分、豊かに開花します。

私達の魂もそれと同じなのです。

あなたが精一杯生きたことが、次の生をよりよくさせてくれます。

現実に前進するためには、まず新しい自分になるのだという、心の同意が必要です。

自分以外の人が死ぬ夢の場合、その人に関心を向けることが大切だと告げていることもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました