夢の意味

荒ぶる状況
不満や怒りが爆発したり、

突発的な口論や喧嘩など、

気持ちを動揺させるような出来事が起きています。

「嵐の前の静けさ」「拍手の嵐」などの言葉が示すように、

これでもか、といわんばかりの

「激しい感情」や「勢い」があります。

逃げるのは、「自分だけ災害に気づく」参照。

 

「認識の違い」が原因であることも多く、

無自覚にある認識の差は、

注意していないと、エスカレートするおそれがあります。

 

事態の渦中にいるのだとしたら、

方向を見失い、誰にもとめられないような状況に陥っている

可能性があります。

嵐は、強い風を伴います。

突発的で大きな変化。

その風が、

既にある形やバランスを、後先考えず引っかき回してぶち壊します。

知らずエキサイトしていくことになるかもしれません。

興奮状態の渦中にいる人は、

自分が興奮しているということを自覚できず、

自分の行動が招きうる結果を考えることもできません。

あとになってみて「あの時はカッとしてしまった」、

「なんであんなに熱く反応してしまったのだろう」などと気づくことができるだけなのです。

リアルタイムで自分がどのように興奮しているか、

そのことに少し意識を向けるだけでも、後悔するような過剰反応を避けられるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました