並んで待つ

夢の意味

足踏みしているように思えるけど、少しづつ動いている。
規定通りの手順を踏んでいるけれど、

なかなか自分にその経験をさせてもらえない、実践できない、

或いはスタートを切れないと感じています。

「ルールを守って」順番を待っている、

というよりは、ルールを使って歩を進めているような感じがある

かもしれません。

いかんせん、

物事の進み方が遅い

ために、自分が頑張っても進みようがない、という状況にあります。

 

ただ、

並んで待つくらいですから、

「それだけの時間をかけてもかまわない」と思わせるような、素晴らしい価値ある何か

を手に入れようとしているのでしょう。

 

あなたは、

いま、すぐに

結果がほしいと思っているのかもしれませんが、

自然の流れに任せていたほうが、早く実現することもあります。

一見地味な流れの中にあり、

多少のもたつきや混乱が生じることもあるかもしれません。

 

あなたは

「欲しいもの」というよりは、「確かなもの」を手に入れようとしているので、

堅実にならざるをえないのです。

 

例えば

早く就職しようと、いろんな場所にアプローチするうちに、

自分の持ち味に気づき、それを活かす方策を模索するようになる

など、本当に自分に合うものに気づいたり、巡り合ったりすることがあります。

より理想とするものに近づくためには、

徹底的にそこに身を置く時期や段階が必要

であったりもするのです。

 

あなたは、

お店で何かを購入しようとしていたかもしれないし、面接の順番を待っていたかもしれません。

もしかしたら、自分が何を求めてそこにいたのか、わからなかったかもしれませんが、

今はまだその核心が見えていない、というだけで、

ほしいものは「視野に入っている」のでしょう。今はそれについて夢を見、

イマジネーションを描いているような段階ではないでしょうか。

ただ、「未来の自分」について、あまり「身の入らない空想」を続けてしまうと、

根拠のない空想が悲観や不安に変わってしまうこともあります。

どこかで

「目の前の現実に対し、本気になる」段階が必要で、

未来を、漠然と自分を待っている風景のように思い描くのではなく、

「今現在取り組んでいることの延長線上にある現実」として捉え、それは

今踏みしめている道を行った先に続いているのだ、と自覚する必要がある

のかもしれません。

待つ  参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました