アーティスト

人物・キャラクター夢の意味

それを、実体のあるものにしていく。

アーティストたちは、何もないところから曲をつくり、絵を描き、

頭で描いたものを形にしていきます。

あなたの中で始まった計画が

実のある何かに姿を変えるまで

コツコツと努力していること。

あなたが、

自分のアイデアを

ポジティブな方向に向ける力を持っている

ということ。

音楽、美術、詩人・・あらゆる芸術活動家は、

私たちの「ものの見方を変える」手助けをしてくれます。

私達は、

その中に込められているメッセージや背後にある感情に興味をそそられ、

自分の直面している課題に対して

実際的なアプローチや創造的アプローチを取っているのか確かめることができます。

 

肯定的な夢なら、

あなたが頑張ってきたことが、周囲に受け入れられ、

水面下での活動が表に出て、脚光を浴びている

可能性があります。

 

「『江戸時代の提灯職人』になっていた。

でも、デザインや色のことで目上の人と争っていた」、という夢を見た人がいます。

現実世界でも、商品のデザインを手掛けていますが、

上司と意見が食い違うことも多く、やり直しを命じられたり、

「そのために、プライドが傷つけられることもある」そうです。

このような(否定的な)夢が、

自分の創造が受け入れられなかった苦しみ

を表している可能性があります。

 

そうした苦しみがないとしても、アーティス達は、一様に

生みの苦しみ

を経験します。

アーティストになって活動する夢には、

他者からの期待や

それにかかる労力やコスト、プレッシャーや緊張を一身に背負い、

時には自信を失ったり、落ち込んだり、

背負うものの大きさに圧倒され、孤独を感じたり、

その

最中で味わった複雑な感情が

描かれることがあります。

ただ、

こうしたことは、アーティストたちにとっては

創造の追い風となっていたりもします。

あなたが

日々切磋琢磨し、クオリティをあげていること。

根底には

ネガティブな思いをかかえても、

私は

創造的であり続けたい、

という欲求がある

ということではないでしょうか。

芸術に関わる夢が示していること 参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました