壊す

壊す

実際に何かが壊れると、そのものの機能は正常に働くことはなくなり、

使えなくなります。

それが簡単に諦められる物であったり、代替えを購入できる物ならともかく、高価なものであったり、生活に欠かせない物であったら「問題」が起きた!と認識されるでしょう。

夢の中で壊れた物によっては、現実と同様トラブルに発展する可能性もあります。

もしも、あなたが故意に壊したのだとしたら、

何かを破壊するかもしれないほど不満のエネルギーが高まっていることを、夢は暗示しています。

そのまま放っておけば問題を引き起こす可能性があります。

深刻な影響を及ぼす前に、あなたの中で溜まっている不満を解消させましょう。

また、夢で壊れたものが現状壊れて都合の悪いものであるなら、先手を打って代用品の目星をつけておくと良いでしょう。

夢の中で何かが壊れてしまう体験は、あなたの意志を妨害する力が働いている可能性もあります。

夢のシーンに不安を感じたなら、

あなたが確かな拠り所を得ることが、

これまであなたをゆるがせていたものがあったとしても、未来においてはゆるがせにしない、と誓う行為こそが大切です。

この世界には、ちょっとした隙をついてあなたを引き摺り下ろそうとする、破壊者も存在します。

それは「魔」とも呼ばれています。

あなたがこの破壊力に拘束されることがあったとしても、思考と感情の間に調和をもたらすことができれば、

それに感謝することもできるでしょう。

何故なら、その恐ろしい存在が、私達に「誓い」をたてるよう促すのですから。

あなたは可能な限り、

「これまでゆるがせてきたことを改善するために努力する」と誓って生きてきたし

私達は皆その体験を通して、新しい自己を知るようにもなります。

今の自分に働きかけつつ、しっかりとした力を蓄えていくことができるのです。

無意識での体験は直感へと変わり、あなた自身を救います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました