負傷(重度の怪我)

夢の意味症状

抑えられてきた心が叫びをあげやすくなっている

夢の中で

腕を切られたり、足に損傷を負ったり、心筋梗塞になったりする

殆どの原因は、

生産性や業績、成功といったことに気を取られ、わが身を顧みない

生き方にあるといえます。

 

そこに到達しようと全力を傾ける、

それ自体は、何も悪いことではないはずです。

ですが、それこそが健康の証なのだといわんばかりに、

わが身を顧みず、走り続けてしまう

ことが問題だと告げているのでしょう。

 

今の順調な生活を否定したり、壊そうとしているわけではないのです。

その選択の中に、見過ごされている何ががあるということ、

長い闘いの中で、

目に見えない犠牲が払われている

ということを知っておく必要があります。

あなたに顧みてもらえず、

いつも邪魔者扱いされている何か(子供であるかもしれないし、自身の欲求かもしれない)に、

発言権を与えてはどうか、ということなのです。

心臓 瀕死の重症を負う 参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました