酒・酔う

酒・酔う

酒そのものは、「楽しみ」や「豊穣」を表すものです。

夢の中でも、祝い酒のような朗らかな、楽しいシーンであったなら、

昇進や開運を意味します。

ただ、夢の中ではあなたや身近な人が酔っ払って、それが

災いを引き起こすことになった、というシーンを見ることもあると思います。

そのような時、夢が警告しているのは、

夢で酔っぱらっていた人は、今「正気」を失っている可能性がある、

ということ。

或いは、価値観の変化

を暗示しています。

その人があなたの恋人であるなら、しばし冷静になって、相手の言動に注意を払いましょう。

 

お酒の力を借りると、一時的に気が大きくなれることもあるので、

「パワー」を与えてくれるもののように思うかもしれませんが、

だとしても、自分の中の

「低級」な性質を燃え上がらせるにすぎません。

そうなるとむしろ厄介で、

悪霊にとりつかれたかのようになります。

制御不能の症状を解決するために、今度は別の力を借りることになるでしょう。

警告のような形でお酒が登場したら、実際に、それが命取りになる可能性もあります。

飲酒を控え、

生活の中に起こりえる災いを極力排除するように、

と告げている可能性も十分にあります。

 

シーンによっては、

弛緩の必要性

を意味していることもあります。

心の負担を軽くする、楽観視する、或いは少し解放的になる時間が必要だということ。

これまで学んだ理論や方法が通用せず、限界を感じている可能性もあるでしょう。

現実が思い通りにならない、将来が不安であるなど、

「今」の幸せを味わうゆとりがなくなっているのです。

お酒は、一時的に

心の働きを鈍くさせます。

ただ、

焦点があわず、自暴自棄な気持ちが高まると、役に立たないものを持ち帰ったり、かえってあなたを貶める問題を連れて帰ってしまったりします。

現状

喧噪と競争の現実の中で過ごしていても、

心の中にある、ゆるぎない平和と幸福の感覚を失わず、生きられるようにしましょう。

外界の出来事に翻弄され続けるのを終わりにするには、

辛くても、まずその感情に向き合い、意識を心の内側に戻してやることが大切です。

お酒によって、とりあえず気を紛らわすことはできますが、

時には瞑想をし、心の内側を探求ー精神世界・スピリチュアルともいいますがー

理性ではなんともならないことについて自問し、意味を見いだしていくことも必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました