夢の意味は、弛緩の必要があるということです。

心の負担を軽くする、楽観視する、或いは少し解放的になる時間も必要です。

これまで学んだ理論や方法が通用せず、限界を感じているのでしょうか。

現実が思い通りにならない、将来が不安であるなど、現実のあなたには「今」の幸せを味わうゆとりがなくなっているようです。

身体については、「苦痛を避けたい」という意思が働けば、その行為を避けることができます。

けれど目に見えない心の場合そう簡単にはいかないので、アルコールに頼り、心の働きを鈍くさせる必要があるのです。

自分の心を苦痛にするものの正体すらはっきり見えないこともあるので、どうすればそれを回避できるかも曖昧になります。

焦点があわず、自暴自棄な気持ちが高まると、役に立たないものを持ち帰ったり、かえってあなたを貶める問題を連れて帰ってしまったりします。

時には見えない煉瓦の塀に向かって全速力でぶつかって、身も心もぼろぼろになってしまうこともあるでしょう。

喧噪と競争の現実の中で過ごしていても、心の中にあるゆるぎない平和と幸福の感覚を失わず生きられるようにしましょう。

外界の出来事に翻弄され続けるのを終わりにするには、辛くても、まずその感情に向き合い、意識を心の内側に戻してやることが大切です。

そのために「弛緩」の時間も必要であったりします。

時には瞑想をし、心の内側を探求ー精神世界・スピリチュアルともいいますがー

理性ではなんともならないことについて自問し、意味を見いだしていくことも必要なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました