瀕死の重傷を負う

瀕死の重傷を負う
夢で誰かに襲われることがあります。

「もうダメだ、殺される。」

恐怖の中、無残にも刃物は自分に向けて振り下ろされ、

あなたは瀕死の重傷を負ってしまうのです。

ただ、

この夢の特徴は、この時身体を傷付けられる痛みより、心で受ける衝撃のほうが強いということです。

咄嗟に襲われ、うろたえ、驚き、あなたの心には誰かに裏切られたことによる「悲しみ」の感情がよぎり、

身体の痛みより、それは強烈であったりするのです。

こうした、夢のシーンに対する感情は、現実に体験した感情と同じです。

そう、最近のあのとき感じた心の痛みを、夢は表しているのです。

現実のストレス、強いショックを受けた出来事には、ある人やある状況が起因していて、

「どうやって助けを得たらよいのかわからない」、

「どうすることもできない」、

という絶望感や喪失感から、自力で立ち上がることが困難になっているのです。

夢は、

現実の体験が浅く、不安や緊張からすぐには「対処できない」若い人に多い悪夢です。

経験と研ぎ澄まされた理性とが備わり、落ち着いて事態を対処できるようになると、こうした夢を見ることは減ってゆきます。

とりあえず、今は心の守りを固め、立ち直るチャンスをつくるようにしましょう。

その応急処置がうまくいったらさらに足場を固め、確実な立ち位置を見つけて人生の変動の嵐を乗り切っていきましょう。

 

肉体の生が続く限り、私達は「危険」や危機・ストレスなど、自身の「安全」を脅かすものから、完全に逃げ切ることはできません。

私もあなたも、自身の能力を超えるものによって、いつだって破壊される可能性があり、そのような途上で

闘争したり逃走したり、再生したりを繰り返し、自己調整能力を高めてゆきます。

そうやって私もあなたも、この世界に滞在する間に様々な、価値ある能力を獲得していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました