自分を客観的に見る必要があるということ、或いは自分の真実の姿を見るようにということです。

鏡は、真実をありのままに映すもの、夢では今の心の状態を映しています。

あなたが外見にコンプレックスを抱えていたとしても、関係ありません。

むしろ、コンプレックスと調和を図ってきた課程は、あなたの奥深さや味わいとなって映し出されるでしょう。

夢の鏡に映っていた自分は、実際よりも若く感じたかもしれませんね。

そもそも魂には年齢などないのですから。

90歳なのに20歳の人より若々しい人がいることを、あなたもご存知でしょう。

真実の姿とは、肉体の年齢に拘束されていない姿を言うのです。

目を閉じて考えてみましょう。

あなたは、もしも本当の年齢を知らなかったら、自分を何歳だと思えますか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました