斧は、主に樹木を伐採したり、木材や薪として使う際にも活用され、本来は創造的に使用できるものです。

また、

どのような目的で使用するにしても、「斧」を使う人には体力や意志が必要です。

肯定的な見方をするなら、

より建設的に生きるために強い意志で何かを断ち切ることが必要だと感じている、

或いはそれをするよう促されているといえます。

例えば、

職場の全員が愚痴をこぼしているので、自分も不平不満を口にしなければ孤立してしまうなど、

本意でないことに従っているとき、それを断ち切るには気力・体力・意志が必要です。

もしも、

斧で追いかけられたり、振り回される夢をみていたなら、深刻な事態に直面しているということ。

夢が示すのは、

「明らかな危険性」と、

「必死で」逃げなくてはならない状況に、あなたが置かれているということです。

それは、経済的な苦しさによるものであるかもしれないし、

無理やりなことを押し付けられていながらも、衝突は避けたいという必死の思いがあるのかもしれません。

「追いかけられる」夢でも記載したように、子どもの頃の記憶ー

生死を脅かすような状況に追い込まれていた、などーが蘇って、

何かに逃げ回っているような感覚がつきまとっているとも考えられます。

いずれの場合も、

あなたが今まで知的で理性的でありすぎたために、そうではない選択肢の受け容れを拒んでいた可能性が高いといえます。

自分の決断や妥協したことが間違っていなかったかも、考えてみましょう。

本当にこれでよいのだろうか、と思いながらも、

もっともらしい理屈をつけ、「一方的」に、強硬的に自分を犠牲にする方向を選んでしまいがちではありませんか。

私達は「生き物」なので、欲望があったり感情が変化したりしても、それは当たり前のことです。

そうした当たり前を、理性でなんとかなだめながらやっているのです。

あなたの知的でなくすことはできないかもませんが、時には、自分の本心に発言する機会を与えることも大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました