サーカス・曲芸師

夢の意味行為

曲芸師たちは、

危ないことや、普通にはできないことをして人を驚かせたり、

大胆で奇抜な芸を披露します。

夢で自分が曲芸師になっていたら、

(他の人には真似できないような)自分の才能に得意顔になっている

か、

難しいことに挑戦している

可能性があります。

 

サーカスで目にする様々な芸や曲芸師たちは、

あなたが日々、

様々な世界、多様なスタイルに学んでいることを表します。

 

夢のサーカスの特別な芸に魅入り、

なんて凄いんだろう、

こんなに人を楽しませる世界があるのか!

とか、

そのコツを掴みたい、

自分も人気者になりたい、

と思うように、

あなたが今、現実世界の中で何かに夢中になっていて、そこに

人を楽しませる要素がある

ことを学んでいます。

 

現実世界には、サーカスのように刺激的で、

あなたを

ワクワクさせるものが溢れています。

 

この夢に、ネガティブな印象を受けたとしても、

それは、

何かの分野において優れたものを持っているがゆえの辛苦

であったりします。

あなたは、もしかしたら、

「奇才」と言われているかもしれません。

もっと究め、選び抜かれたい

という気持ちが

驚くほど多様で素晴らしい世界と向かわせるのだけど、

自分はまだ、そこには手が届かない、と思っていたり、迷いの中にいて、

世間やサーカス団の人達から冷たい対応を受け、悲しい思いをする夢を見るかもしれません。

 

道化師になっているのだとしたら、

気に入られよう、

人を笑わせようという仮面をつけながら、

素顔を絶対に見せまいとしている

のかもしれません。

あなたの心には、

絶対に踏み込ませまいとする強い意志がある

のでしょう。

ただ、

いずれの心の根底にも

自分にしかできないものや方法を模索していたり、

独自性を発揮したい、

という、強い思いがあるのではないでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました