売る

夢の意味行為

不充分な情報をもとに未来を見通してない?
「売る」は、

相手に見合うものを提供して、利益を得ることです。

私たちは、

相手の幸せに貢献することで、それに見合った報酬を得ます。

 

何かを売るシーンが印象的であったなら、

相手の希望と、自分の望みとが一致しているかどうか、

考えてみる必要があるでしょう。

肯定的な夢、つまり「儲ける」夢なら、

あなたが提供するサービスや労力が報われ、高い評価を得る

可能性があります。

あなたのしていることが、周りに良い影響を与えているので、

自身のステータスや状況も好転していきます。

 

否定的な夢=売ったものに見合う金額をもらえない夢なら、

あなたの「幸せを具現化する能力」への評価はいまいち、ということになりますが、

売る行為がうまくいかないのは、

相手が期待していることと違うものを提供しているか、

自分の活かしどころがずれている可能性があります。

見込み違いをして、需要のないものにエネルギーを注ぎ続けて

いるよ、と告げられているのでしょう。

 

例えば、

休日にちょっとした稼ぎができないか考えているとき、

ある魅力的な求人広告に目がとまり、あなたが応募したとします。

「ピアノを弾ける人」という条件つき、

でも

元々素質のあるあなたは、みるみる上達し、

「華麗な指遣い」でピアニストさながら曲を弾けるようになり、

いざ当日、あなたはちょっといいスーツを着て、意気揚々と現地に向かうのです。

でも、

相手が求めていたのは、「子供の誕生日会にピアノを弾いてくれる人」でした。

求められていたのは、

子供達のリクエストに応じながら、楽しく弾いてくれる奏者

だったわけです。

このようなズレに気づかないまま、

間違った方向にエネルギーを注ぎ続けてしまう

ということがあるかもしれません。

あなたの意図が善いものであるかぎり、

そして交渉の余地を残しているかぎり、今以上に利益を得ることができます。

仕事 参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました