車の暴走と事故

夢の意味

え。ちょっと待って!!
車が暴走する

夢は、うまくいかない状況を表し、

「コントロールが難しい」状況にあるときに、よく見る夢です。

実生活の中で、そうした部分がある

ということ。ただ、

すっかり習慣や癖になっていて、気づきにくいことも多いです。

一方で、

平穏無事な生活の中にあっても

「何かが違う」「このままじゃいけない」という気持ちが働いている

こともあります。

 

ある女性は、

「仕事も順調、生活にも満足している。ストレスなど何もないのに」

こわい夢を見ることが多くなった、といいます。

近日の夢では、

「私は車を発進させたのに、車はなぜかバックし始め、後ろの車に衝突してしまう、

近くの店に入って助けを待つが、暫く待たねばならず、私はいてもたってもいられなくて、階段を上がったり下がったりしていた。」

そうでした。

そう言いながら、彼女は「はっ」と気づいたことがあるようでした。

「じっとしていられなかった」というところに、ヒントがあったようです。

「そういえば、運動したい、と思いながら、暫くできずにいた!」

ー ダンスのインストラクターをするほど運動好きであるのに、忙しくて後回しになっていたようです。

(発進とバックー「前」は建前を、「後ろ」は隠れた心理を表すことがあります。)

「このような夢を見ることが多くなった」のは、

あなたが本気で心配していないので、

「そろそろ手を打つように」と促されていたのでしょう。

夢の暴走が事故にまでつながったのは、「懲罰的な」心理も働いているからなのでしょう。

 

魂の中には、

自分が求めるべき正しい在り方というのがあって、

今の自分はそれとズレているから、「生活は順調であっても」、焦りを感じて

シグナルを発していることがあります。

「いてもたってもいられなくて」という心理が、まさにそれで、

「妥協しているでしょう?」という問いかけている声を無視して、

そのまま進んでしまっている

ような状況です。

「現状を変えるのは難しい」から「仕方ない」と

曖昧なままにしている

と、そのうち

魂のすり減るような思いをするところまで、自分を追い詰めてしまうことになります。

夢の衝突事故は

このままでは

どこにもぶつけようのないイライラが身体中を駆け巡り、

自分や周囲を責めたり、傷つけてしまう

ことになるぞ、という警告だったのでしょう。

 

あなたも、もしかしたら「問題など何もないのに」と思っているかもしれません。

自分をごまかしていても、夢のあなたのほうがあなたをよくわかっていて、

サインを送ってくることがあります。

 

事態を「冷静に」「真正面から」見れば、とるべき手段を考えられるようになります。

これからあなたが向かいたい場所にも、

できるだけ楽で自然な方法で進めるよう、変えていくこともできるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました