ガラス

例えば

「ガラスの城」「ガラスの心」「ガラスの○○」などと聞くと、私達は

壊れやすさとか、もろさ

をイメージします。

それと同じで、夢のガラスは実生活の役には立たないもの、内面性の弱さ、憧れとか幻想の象徴です。

「ガラス」が割れる夢は、夢破れたり計画が失敗することを意味しますが、

それは元々壊れやすい計画・願望であったのかもしれません。

或いは、求めていたものが真実ではなかった可能性もあります。

ガラスにひびが入っていれば簡単に割れてしまいます。

無数に傷があれば尚更なのです。

ガラスの傷は、あなたがこれまで無意識に請け負った傷であり、

表面的にはさほど問題がなさそうに思えても、それが様々な反応をひきおこし、抑圧され続ければ手に負えなくなります。

「粉々に割れる」ような割れ方であるなら、エネルギーが奪われている可能性があります。

危険なガラスは「障害」を表わします。

その障害は危ない「モノ」というよりは、誰かの辛辣な言葉であったりするでしょう。

それは何かに爪を立てて不快音を出す時のように、人の弱点を探してつつき心を不快にさせる行為です。

あなたが、何の有益性もない、嫌味な行為の犠牲になっている可能性があります。

或いは、今の自分が本心とはかけ離れ、

社会で生きるために人工的な人格を築かねばならないことに、苦しめられているのかもしれません。

ガラスに何かが映っていたのなら、それは鏡と同じです。

曇っていて見えにくいのは、あなたの心がはっきりしないことを表わし、

ゆがんでいるのは、外部の影響を受けて不機嫌になりがちであったり、不安・強迫観念など無意識反応が呼び起こされているとも考えられます。

綺麗なら明鏡、

物事を明らかに見通すことのできる、磨かれた心や純粋な生命を表わしているといえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました