家の前が川!

大雨の影響で道路が川になってしまった画像
夢の意味

これじゃ、外に出られないよぉ

夢は、ちょっとした心の変化を

大げさに描くことがあります。

何かやばいことが起きるのではないか、

と考えてしまうかもしれませんが、

この夢は、

雨が降ったことや、洪水が起きたことが前提になっているので、

ー行動が妨害されている、洪水ー思い通りにならない ーこの時間が経過しないと

という心模様が表れていた可能性があります。

 

この夢を見た人の夢の内容は、以下の通りです。

「二階に上がり、ふと窓から外を見たら、(二階の)窓下まで水位がきている。

これは昨夜の大雨のせいか、そう思って

窓の戸を閉めようとしたら、戸が外れて流されていく、でもどうすることもできない」

「主人が帰宅したので事情を話し、なんとかならないかなという。その時もう一度外を

見ると、戸は何かに引っかかって、なんとかなりそうだと思った」というところで目が覚めた、

そうでした。

 

実はこの日、夢主はご主人から頼まれていたことがあり、家を空けることができませんでした。

戸=「チャンスや、人の訪問」、

戸が外れてしまう=「枠に噛み合わない、ズレる」

流される=「見送ることになる」

=不注意にも、家を(開けて)空けてしまったら、せっかく設けていた機会を不意にしてしまう

ことになるだろう、

ということだったのでしょう。

ご主人が帰宅して、事情を話すのは、それに対処できるのは主人しかいないと考えているから、

戸が引っかかっているのは、まだなんとかなる、せき止められる、

といったことだったのかもしれません。

「2階」に上がったというところでは、

2ー「サポート体制にある」 or 家屋の高い方の階という意味で「より理性的に」

などの意味があるかもしれません。(実際の夢主の家に2階はないのです。)

窓は、夢の中ではあなたの目の役割をしていて、意識がそこ(外)に向いているということ、

上記の夢のように、時間が経てばひくであろう、と考えられるなら、

しばし

家から外に出られない状況

を表していたのでしょう。

 

そして、

この問題が解消されるまでは安心できない、

とう気持ちもあったのではないでしょうか。

 

、 洪水、  参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました