冷蔵庫

夢の意味家財

「未来に対する不安」でいっぱいになってない?
食べ物の倉庫。

冷蔵庫に入れるものは、

食材や飲み物

ー これから自分の中に取り入れようと思っているもの

(体験や知識、愛情など)です。

 

忘れて使いそびれたり(一番いいタイミングを逃す)

腐って使えない(役に立たない)のだとしたら、あなたの側に、その

心構えができていかなった

からでしょう。

 

夢でも現実でも、

商品であふれかえっている冷蔵庫は、

働き過ぎる想像力を

管理しきれずにいる

ことの表れです。

或いは、

いずれは考えたり、取り組まねばならない問題を

今は見たくない、目に触れないようにしておきたい

のでしょうか。

どう片付けたらよいのか、活かしたらよいのか、

わからず、

いつも「気がかり」を抱えているような状態

ではありませんか。

 

過去に何度も買ったことを忘れ、同じものが冷蔵庫に入っている

としたら、将来のことが心配でたまらなくなっている

かもしれません。

私達は進化し、

現状に対しての不安はなくなったものの、

これから先のこと

ーいつまでもこのままでありたい、

現状が変化すること

に対して、怖れを抱くようになりました。

 

将来のことは、予測できないものだし、

この世の全ては、常に変化しているのであり、

どんなに好ましいものを求めても、

現状維持は難しい

と知ることが大切です。

また、先のことを考えて不安に感じたところで、

何一つよいことはありません。

心配すればするほど問題が大きく見えてくる

ようにもなります。

沢山心配したから、解決する

ということもないし、

むしろネガティブな感情は、勝手に溜まっていってしまう

でしょう。

ため込み過ぎると、

どう手を付けていってよいかわからなくなっていきます。

そうならないためには、

早めに手放すのが一番

です。

若しくは、

さっそく実現に乗り出し、

明るいシナリオを描けるようにしましょう。

 

この夢に否定的な印象を抱く場合、

「不安」を解消させるための行為が、

次の新たな不安を呼び寄せ、気づかぬうちに悪循環に陥らせている

可能性があります。

時々見直し、必要に応じて解消し、

見通しをよくしておくことが大切です。

不安センサーを働かせること自体は、危機的状況を察知するための大切な機能です。

居心地よくいるためには、

必要な分だけ管理する姿勢が大切

です。

それによって、自分の経験が、適切なタイミングで日の目をみるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました