吐く

吐く

夢の中で気持ちが悪くなって吐きそうなのは、

無意識に、あなたの身体が拒否しているということ。

あなたがやろうとしていることが、からだに馴染まないのです。

吐いてしまうのは、

「その状況を」受け容れることができないか、

「今のあなたには」受け容れられないのです。

あなたには何かやろうとしていることがあり、幾つかの段階を踏んでいる最中であるのかもしれません。

だとしたら、

何が起きるかわからない状況に身を置いて、一生懸命理解しようとしているのかもしれません。

現実でも、食べ合わせ・飲み合わせが悪かったりすれば気持ちが悪くなります。

何かをそぎ落としたり、組み合わせをかえてみることが大切かもしれません。

今の枠組の中では処理しきれないよ、

そう思っていても、十数年くらい後にはじめて消化できるということもあったりします。

今感じている違和感とか異質感が身体に突き刺さっていて、

それが何なのかわからないながらも感じていることがあって、

後に意味づけされていくこともあったりします。

このような場合、

あなたの喉を通っていくもの(経験・体験)が、それを引き受ける準備をするのですが、

受け容れるだけの身体を形成するまでに、やっぱり時間がかかってしまうのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました