映画

映画

一つには、あなたの現状、私達の人生のステージを表わしています。

私達は自分の人生を演じている一人の役者です。

今のあなたには何か衝撃的なことが起きていて、

現実をそのまま受け入れて生きるべきか、

相互の関係から考察しているのでしょう。

あなたが現実で味わった善悪・幸不幸・美醜を夢で一つのストーリーに仕立て、再現して賢明に向き合おうとしているのです。

もう一つには、あなたの「理想」が映画化されています。

ただ、それはやや強引で恣意的です。

それというのも、創り出した全体像にうまく適合しない内容は、うまくカットしてしまうから。

あたかも仕上がった作品が実像であるかのように、自分にも他の人にも思い込ませようとしています。

本編に映り込まなかった、不愉快なシーンこそが他の作品と一線を画すための、欠かせないシーンであったりするのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました