人身事故・車で轢く/轢かれる

乗り物夢の意味状況

誤った動機や野心による攻撃

予知夢になることは稀ですが、夢のシーンが鮮明なら注意しましょう。

 

事故のシーンによっては、

あなたの

運転態度や運転癖を警告していることもあります。

 

あなたがどのスタンス(加害者・被害者・目撃者)にいたかによっても

異なるので、以下も参考にしてください。

 

加害者なら

自分の思想や知性を凶器のように手段化している

可能性があります。

恋愛にしても仕事にしても、

人生経験が浅く、

自分がもっているものをうまく使えなくて、

問題を抱えたり、周囲を巻き込だトラブルに発展しがちなこと。

「ひき逃げ」する夢は、上記の解釈に加え、「逃げる」を参照してください。

 

被害者なら

あなたが、

自分の考えを押し付けたり、身勝手な態度をとる人物に

傷つけられていたり、犠牲になっていること。

あなたのほうは、それ(思想や知識を凶器のように使う人)に抗うだけの力がなく、

無防備であること。

自分で何かを選択できるようには、思えないのかもしれません。

 

あなたが歩行者であるとき、

自分が気丈でさえあれば、

というのは過信だと知らせていたりもします。

あなたは、

ある人の陰湿な圧迫に、惨めな思いにさせられることが多々ある

のではないでしょうか。

ともすれば、尊厳性を破壊される危険をはらんでいます。

相手との間に距離を置くことが難しいというなら、せめて

自分を守る手立てを見つけましょう。

 

基本的に

歩行者は法律に守られ、絶対的に近い保護を受けます。

相手に

「自分が悪い」と思わせ、責任を感じさせます。

勿論、本当にそうである場合も多いので、その場合は前述の解釈になりますが、

場合によっては、事故の過失は歩行者、つまり

「守られて当然という立場にいる側」にある、

と判断されることもあります。

つまり、

自分のことを、周囲の目に弱者なのだと思い込ませ、

「相手は自分勝手でわがまま」という認識をさせていること、

相手に非がある

ように、思いこませている可能性があること。

あなたが

弱弱しく、力のないふりをして見せることで、

相手にダメージを与えている

可能性もある、ということ。

 

スピードの出し過ぎにより招く事故は、

歯止めが効かなくて、失敗しやすい状況にあること

を知らせています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました