侵略される・制圧者

侵略される・制圧者

例えば、

留守にしている間に、自宅が侵略されていた、など

あなたのテリトリーが侵される夢は、

自分の身を守るために戦わなくてはならないと感じている

ことを表します。

秩序を正す必要を感じていたり、

不正な物事や混乱に巻き込まれたくない

という気持ちが、

夢の中にこうした存在を作り出すことがあります。

ただ、

なんの脈略もないところからその人が現れるかというと、そうでもありません。

夢の中で、自分のテリトリーを侵そうとしていた人は、

普段意識すらしていない自分の側面

を表します。

普段意識すらしていない

ほど、自分にその自覚がない

ということなのです。

その無自覚な自分が、

あなたの日常を成り立たせている、自覚ある自分を侵略してくるような

危機感

を抱いているということ。

 

翻って、

その人物をどう見ているか、考えてみましょう。

例えば、夢に現われたのは、

縁もゆかりもない、後にも先にも会うことはないだろうと思う人で、

ああ、この人は確か

ネット炎上していた人だ

という認識しかない場合でも、

その原因となっていた問題に、あなたが着目している可能性があります。

それに関連したトラブルを察知しているとき、夢は

この人の登場が一番相応しい、とチョイスしてくるわけです。

その人の見かけがどうあれ、

何かを制圧しようとしている人が現れたら、

自分で自分の身(居場所)を守るんだ、

という意識をしっかり持つことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました