助ける・助けられる

夢の意味行為

他でもない「自分の運命」を救おうとしていること。

何らかの課題を前に

不安定な気持ちになっている

可能性があります。その場合、

夢の中で、他の人を助けるシーンを描くことで、

自分の力量をはかったり、洞察を得たりしていたのでしょう。

 

現実の「助ける」は、人のために精力を傾けることを意味しますが、

夢の「助ける」は、それに

心を尽くすことにより、

自己の人生において、何らかの力を得たい

という望みがあることを告げています。

 

現実には

「助けている」実感はなくとも、そうした力を使うことで、

友人や家族、職場の人達は快適に自分の仕事を進めていくことができたり、

周囲の人達が健全な形で物事を進行させていくために、

欠かせない存在になっていることがあります。

自分に備わっている力を、密かにでも自覚し、その力をどのように他者に与えられるのか、

それを考え始めている

わけです。

それは、他者に与えるものである

と同時に、「自分の」運命を切り開くためのもの、

あなたの中には、まだ開花されていない隠された能力があるのだけど、

今はまだ自覚できておらず、

切羽詰まった状態になって、はじめて潜在能力を発見できるのかもしれません。

 

夢の誰かを助けていた「場所」も、現実問題を切り抜けるヒントになっていることがあります。

海であったなら、感情的なパニック状態を切り抜ける手立てが、

山であったなら、難し過ぎる理論や理解不能な論理に飛びつかないことが大切であるかもしれません。

いずれにしても、「助ける」夢を見たあなたなので、

前向きな姿勢を崩さず、ペースを整えていけば、持ち前の力を発揮できるようになります。

 

助けられる夢は、自分に力がないということなのか、というと

そうではなく、

あなたが、それと向き合うから、助ける人が登場する

のです。

知人に助けられていたら、

その人の見方を知ることで、これまであなたに見えていなかった何かが見えてくる

可能性があります。

誰かに手を伸ばしてもらえるようにするには、

声に出して伝えること、リアルな思いを伝えること、現状を認識することが大切です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました