恐竜

恐竜

幼い頃に由来する

経験・感情・考え方の癖

を表します。

今、あなたに影響を及ぼしているもので、

ずっと昔から続いているものはなんでしょうか。

過去に囚われている、

ということを言いたいのではありません。

夢が告げているのは、

過去の影響

に気づき、

足枷になっているものをきっぱり捨てる

ことができれば、

あなたは大きく前進できる、

ということなのです。

 

夢の恐竜が、よいイメージで描かれていたら、

過去の中に、

将来に繋がる強力な要素を見つけ

わくわくしている

ということです。

それは

生存への新しい意味付け

であるともいえるでしょう。

 

反対に、悪いイメージで描かれていた夢であったなら、

あなたの

内的な生命の発展を阻ませるものが、過去の中にあるということ、

それが、あなたをいつまでも彷徨わせている可能性があります。

 

現実世界で

自分の力では太刀打ちできない、

と感じる状況に追い込まれている時、

恐竜や野獣に追いかけられる夢を見ます。

とりわけ、人生経験の少ない、幼い子供が

日常の中で起きていることを必死に解決しようとするとき、

未知の生物・恐怖を感じた生き物(恐竜や獣)が夢に現れ、

絶体絶命の窮地

を体験します。そのような中で、なんとか

「自力で」逃げ切ろうとするのです。

 

親の保護下にあった環境から、学校にあがったり、

引っ越しなど、新しい家庭環境に移ったりしたときは、誰でも

緊張感・戸惑い、興奮といった心の衝動が起きるものです。

経験値が少なく、自分の力ではどうすることもできないとあれば、

子供にとって、それは深刻な状況なのです。

それが、悪夢を見せることがあります。

 

感受性が強い人のほうが悪夢を見やすいので、

例えば

新しい状況・未知の状況に対処しなくてはならないとき、

大人でも、こうした悪夢を見ることがあります。

 

ただ、

環境を生き延びることができなかった恐竜に対し、

あなたの中で「生き続けている」生物は、

変異し、多様化し繁栄し、たえず生き残る挑戦をしています。

そう考えるとき、夢の光景は、

あなたの

極限への挑戦

を示しているともいえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました