行く手に立ちふさがる障害を「壁」ということがあります。

夢の壁も

外的な原因に反応して働く閉塞感や束縛感、停滞

を示します。

ハプニングが起きるというよりは、

乗り越えるべきハードル

を指します。

例えば

世間の常識・しきたり

など、先に進むためには避けては通れない障害

といえます。

 

外界からの影響を遮断することで、

自分を守っている

こともあります。

人との関係には、

「適切な」境界線が必要

で、夢が

自分のプライバシーを守るように、と告げていることもあります。

 

 

壁の前に立ち止まってしまうのは、

その障害を超えるほどの力量がまだ備わっていない、

別のやり方をまだ適用する段階にない、と思っている

のでしょう。

後ろ向きの態度を表しているように思うかもしれませんが、

前に進んでいれば、必ず壁に突き当たる

ものなので、壁が出現する

ということは、

あなたが前に進んでいる

ということでもあります。

それが自分をダメにする信念だ

と気づいた時から、新しい選択ができるようになります。

 

壁をよじ登っているのは、

目上の人や環境に足を引っ張られている、罰則や制限を課せられているなど

のために、思うように

自分を解放させることができない、

「それさえなければ」自由でいられるのに、と思っている可能性があります。

占い建物
hanako0513をフォローする
夢占い・夢メッセージのキーワード検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました