補充作業

夢の意味行為

常にチェックし、忘れずに補充しなくてはならない

それについて注意を払い、

不足を回復させる必要がある

と考えています。

仕事の補充作業は、

「努力する価値がある」という見込みに基づいています。

 

「コンビニでバイトをしていて、

お客さんからある商品を注文されたが、品切れとなっていて文句を言われ、

急いで商品の補充作業を進めた」

ーこの夢を見た男性は、現実には会社員で、バイトをしていません。

現実、夢主には、お金を稼がねばならない事情があるわけですが、

同じような夢を見る人は、

そうした心配ごとの解消について考えている

でしょう。

たいていは、

自力「だけ」とか他力「だけ」で叶えられない

不足についてです。

上記の夢主の場合は、奥さんの浪費が関わっています。

「お客さんから文句を言われ、「難しいなぁ」と考えながら急いで補充する」くだりは、

対処方法がわからず、難しい

と考えている夢主の心情を、わかりやすく表しています。

あなたが、

比較考量することに頭を使っていること。

 

解釈として言えるのは、

自分の力と他者の力が交わったところに、新しい充足、新しいバランスが生じる

ということ。

 

肯定的には、

信頼を寄せている人物に、あなたの考えを打ち明けてみることで、

ちょっとした調整を行うだけで済み、

もっとシンプルに考えられるようになるでしょう。

 

でも、困ったことになるような夢だとしたら、

いくらかの熟考が必要であるのに、

その場しのぎの解決策にまかせている可能性があります。

 

心に余裕がないとき、私達は

「それ以上複雑な答え」を探そうとしません。

1つ変われば、ほかのいろんなことが変わってくる

とわかっているし、それを恐ろしく思うこともあるからです。

でも、

このプロセスを経ることが、充足をもたらす永続的な方法を見つけるのに役立ちます。

そして、

あなたの心配事をひとつ減らすことができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました