愛する人に危害が及ぶ

夢の意味状況

取り戻したい、自分らしくあるために大切なものを。

夢の中で恋人ができたけれど、その人が捕虜となって殺される、

子供が怪我をする、誘拐される

など、この夢の内容は多種多様です。

子供が病におかされたと知り、泣きながら目覚める人もいます。

夢が表していたのは、

「望みをかけていたもの」が失われることの絶望感

であるといえます。

あなたには、

なんとしても守り抜きたい、

と思っているものがあります。

いまは、それが易々とは叶わない状況にある

のかもしれません。

例えば

夢に登場する「恋人」は、あなたが封じ込めてきた「情熱」であるかもしれません。

我が子の「誘拐」や「ケガ」は、忙しくて子供と過ごす「大切な時間がとれず」悩んでいる

時に見ることがあります。

 

人は、大切な人を失うのではないか、

事故に遭うのではないか、病気になるのではないか・・、

様々な恐れをもちます。

ただ、それが漠然としているとき、解決策を見つけることもできません。

膨れ上がっていくだけの不満や欲求から解放されるためには、

普段自覚していない、あなたの本物の心を表に出さねばなりません。

どのような状況にあるとき、こうした夢を見やすいのかがわかれば、

心配事や不安を絞り込み、恐れを抑える方法を見つけることができます。

 

真に大切なものに触れるための小さな勇気が必要になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました