糸は

物事を結びつけるもの

として、夢に登場します。

糸が切れるのは、物事が終わること。

夢の中で糸を探していたなら、あなたは

ある特定のものや人との縁・繋がり・接点を模索している

のでしょう。

見つからないのは、

望みが断ち切られる

ことを暗示しています。

 

赤い糸で結ばれている

という言葉があるように、

シーンによっては

運命的な繋がり、運命そのもの

を示していることもあります。

「赤」は情熱の色、あなたの精神によって、糸は様々な色にかわります。

 

一方、糸が

不愉快な感情のしこり

とか、それによって

絡みあい、もつれてほぐせなくなった

状態を表していることもあります。

その場合、無理やり修正しようとすると、

切れたり、さらにこんがらがり、こじれてしまう危険があります。

ゆっくりと丁寧にほぐしていくことを、心掛けましょう。

 

糸は「意図」にも通じていて、

私達は

どんな人生にしたいか、意図しながら

縦糸と横糸を張り巡らせ人生のタペストリーを織りなしてゆきます。

あなたが糸をほどいていたら、

そのものや人との接点を失ったり、責任から解かれることを意味します。

 

 

占い
hanako0513をフォローする
夢占い・夢メッセージのキーワード検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました