喧嘩(けんか)

激しく言い争いする男の子と女の子
夢の意味行為

緊迫した状況から平穏へ。

夢の喧嘩は、

多様な考えや見解を持っている、あなた自身のさまざまな側面に注意を払うことです。

あなたと喧嘩していた人は、

普段とは異なる「自身の側面」を最も的確に表わしている人です。

夢の喧嘩は、

相容れない二つの心の葛藤

です。

私たちはたいてい、

自分と共通点が多い人々と対立します。

「喧嘩するほど仲がいい」と言いますが、

彼らのことをよく理解しているがゆえに、

自分とは異なる彼らの見解に強く反応してしまうのです。

相手に対し、

「嫌な奴だ」と思うのは、

その人が、自分の受け容れたくない側面を表わす人だから

です。

 

心理学者が言うには、

人間関係では「いさかい」が重要だそうで、

仲たがい(し、仲直り)できるということは、相互理解の深さを示す格好の指標

だそうです。

大事なことは、

仲たがいしたときにどれだけお互いの気持ちを尊重できるか、

ということです。

この理論の実効性を試すために、誰かにケンカを売ってみる必要はありませんが、

嫌だと思うことがあったら、隠すのではなく、

あなたの(特に、「つらい」ほうに分類される) 気持ちを正直に打ち明けてみてはどうでしょう。

真に理解しあうためには、お互いの意見を交換しあわなくてはなりません。

喧嘩しても、

互いの言い分を主張しあうことができれば、緊張感がほぐれます。

熱心かつ素直な態度で向き合うことが大切です。

夢の中で一度シュミレーションしたら、現実はもっとうまくいきます。

また、

なんでもそうですが、やってみないと手加減はわかりません。

最初からうまくいかなくても、次第に関わり方がわかってきます。

それとともに、

自分の中の側面とも折り合いがつくようになっていくでしょう。

 

誰かに対して自分の熱情を投げかけるのは、悪いことではありません。

喧嘩は、理解しあうために挑戦をしようとする積極性の現れなのです

コメント

タイトルとURLをコピーしました