暗闇

暗闇

気力が低下していて、前に進めそうもありません。

長い人生の中では、まさに暗闇の中にいるような、絶望の淵に立たされることもあります。

そのような時でも、

胸中には太陽をのぼらせ、新しい遠大な未来を見つめ進むことが大切です。

「闇」が深いほど、夜明けは近いといいます。

思った通りに進んでいないと思ったら、創造力を他の方向に向けてみましょう。

意識を変えることが、未来をも変えることがあるからです。

どれだけ長い間暗闇の中にいたとしても、ぱちっと電気をつけさえすれば明るくなります。

宇宙のほうでは他の扉を開いているのに、あなたがそれに気付いていないこともあります。

気付いていない時は、たいていあなたの気が散っていたり、恐れているときです。

一人でがむしゃらになって取り組むより、一息ついて他の人に声をかけてみるほうが捗ることもあります。

味方をつくり、聡明に調和を図ってゆきましょう。

謙虚になり、周囲の人達の良き友になりましょう。

あとは流れに身を任せ、潜在能力が自然に引き出されるよう、リラックスして明るく過ごすのです。

夜が明けた時、引き出されたものを採用する心の準備をしておいてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました