肯定的なイメージで熊が登場したのなら、

内に秘めていたパワーが目覚め始めていること、

知力・エネルギーが準備万端整い、活動的になっていること

を表します。

 

ぬいぐるみや絵本「クマのプーさん」などのような、

「愛らしさ」を感じさせる熊なら、

可愛らしさ・母性本能の強さ・「守護」を表すこともありますが、

危険で、破壊をもたらす生き物であることも事実です。

そうした、

相矛盾したアンビバレンスな感情から、熊の夢を見ることもあります。

相矛盾した、

「信用のおけない人」を象徴していることもあります。

 

また、支配的な態度や威圧的な姿勢が目立つ男性が熊になって、夢に登場することもあります。

クマの爪は人を一瞬にして切り裂き、その威圧は、人を押しつぶし殺すことができるほどです。

友人やパートナーの中にそのような人がいるというよりは、どちらかというと

ビジネス上の策略とか、言葉や外見で他人を圧倒するような人たちを示していることが多く、

男性の場合、成長過程の中で、何かひとつつぶされるほどの脅威をかんじた苦難・

自信を突き崩された出来事などが、熊となって現れることがあります。

女性の場合、

力ずくの一方的な姿勢や、脅されているかのような気配を感じ取り、

それは許せない!

と、心が叫び声をあげているような時、熊の夢を見ることがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました