エネルギーの流れや時の経過

を告げています。

川を下っていたり渡っていたりする夢なら、あなたが人生の今の時期をどう乗り切ろうとしているのか、

目の前に提示された難問に取り組む姿勢が適切であるのかを、読み取ることができます。

川を越えることは、「就職・進学・結婚・引っ越し」など、新たな世界に進むことを意味します。

けれど、夢では川が行く手を遮るものとして登場することもあります。

どうやってその川を渡ったら良いのかわからなくて、夢の中で立ち往生してしまう時、

そこには、例えば伴侶を失ったさびしさや大きな挫折を経験して、

どうやって乗り越え進んだら良いかわからない、

という現実があったりします。

このような時、夢は往々にして次の行動のための準備段階にいることを伝えています。

今はとにかく前を向いて進むことが大切です。

川は瞬間瞬間に新しく、いつも「始まり」です。

日々、新しい誕生を繰り返しています。

よどむことがなく、永遠であり、淀むのは生きながらの死であるといえます。

だから、夢の川がよどんでいたら、現実では

生命の流れが一日たりと淀まないようにすることが大切です。

場合によっては誰かに助けを求め、前進の力を得る必要があるのです。

 

・川の流れが速いのは、急激な変化の表れであり、

・流れが遅いのはことの展開がゆっくりであることを意味します。

川のせせらぎは、実生活での情報やアイデア・影響力を象徴しています。

あなたが川の流れに沿って歩いているのなら、人生のこの時期に、ある計画や教えに従おうとしているのでしょう。

もしもその途中で困った事態に襲われたとしても、道が間違っているわけではなく、

その先には、予想外の複雑な困難が潜んでいることを告げています。

それがどのようになっていくとしても、その中に投げ込まれたならそれを自分の人生として、自分の運命として引き受け生きていくしかありません。

そこに不条理さを感じたとしても、

過去から未来へと進むこの流れの中で生きることが避けられぬのであれば、私たちにできることは感性をイキイキと開き、時間感覚を練り上げ生を向上させていくことしかありません。

それがどのような人生であったとしても、

「この人生でよかった」、と言えるようにしていくことが大切です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました