寝る

寝る
安らぎを求めていること。

誰かと寄り添って寝ていたなら、

その特質に安らぎを得られる、

と考えているのでしょう。

例えば小さな子供に寄り添っていたとしたら、

その純粋さや愛らしさに癒されたい

と思っています。

疲れを感じても、頑張り続けてしまうことがありますが、

疲れをおして仕事をすることより、ちょっとベッドやソファに横になって休んだほうが、

力を回復させることができます。

疲労は怪我でも病気でもないので、軽くみられがちです。

でも、

病気や怪我を引き起こすのが、疲労であるといえます。

疲れると、パフォーマンスが下がり、なんとなく元気がでないものです。

あなたの目標に到達するプロセスの中で、疲れは大きな障害になります。

疲れを予防するとともに、解消法も積極的に取り入れてゆきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました