夢の意味

魂の象徴。

心の死と再生。

さながら、さなぎが蝶になり、

太陽が降り注ぐ広々とした世界に出るように、

これまでの領域を超え、自由に探求できるようになること。

心の在り方が変わること。

 

蝶は死者の魂の化身

とみなす人々もいます。

(人が亡くなると、その体から抜け出した魂が蝶の姿になって飛び回る、という説もある)

 

このようなことからも、

蝶の夢は、ひとえに

呪縛からの解放

を告げています。

けれど、まだ、一人で飛んでいく自信がないとき、

蝶の羽ばたきはどこか不安げであるかもしれません。

夢の中で自然に飛べるようになっていくのは、

「もう、こわくない」ことがわかったからです。

 

蝶の美しさに引き込まれる人は多く、

そのほかの昆虫とは区別されかねないくらい

「別格」扱いされています。

それくらい、

自分の心にトキメキをもたらす人物の出現を心待ちにしている、即ち

恋愛願望が高まっているときも、

蝶の夢を見ることもあります。

花から花へ、ひらひらと空中を飛び回る蝶の夢は、

魅力的な異性からの誘惑

を表していることがあります。

蝶を追いかけている夢は、

理想的な恋愛を体現させてくれる相手を追い求めていることの

表れであったりします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました