見る(傍観者)

夢の意味身体・身体の機能

それに目を向け、考える

それについて観察し、把握し、判断しよう

としています。

 

私達は、

夢のストーリーの体験者になるだけではなく、

その出来事を見ていた、(見ている人だった)

ということがあります。

例えば、

津波に巻き込まれて流されている当事者は、

目の前の出来事に対処するのに

精一杯です。

見ている側は、今、どう対処するのが有利であるかや、

必要な解決策について

全体の構図を見ながら、考えることができます。

心の持ちようがまったく違ってきます。

 

夢は、

私達にあらゆる手を使って

何かを感じさせ、注意を向けさせ、

それを自覚させよう

とします。

 

「その立場や役割で」「直面」させ、

人の顔やその向こうにある心情、置かれている状況について、

或いは

相手のニーズについて

「考え」させ、心を動かし、何かを悟らせよう、

ということなのでしょう。

 

ー あれ(自分が見ていたもの)はいったいなんであったのだろう

自分が実際に見ているものが何であるか

について考える余裕をもたせ、その印象に深く関わらせることによって、

自覚させ、理解したり、気づかせようとしていた

可能性があります。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました