昔住んでた(過去の)家

昔住んでた(過去の)家

過去の家とともに蘇る記憶を手がかかりに、

現在の問題に対処しようとしていること。

 

過去の家を夢に見るなんて、

いつまでも過去に囚われているということなのだろうか、

あなたはそう思うかもしれません。

けれど、そうではないのです。

 

そのときにはわからなくとも、後になって振り返るとき

感じるのは、家とは

「安らぎ」を与えてくれる場所ということでしょう。

勿論、そうではない場合もあるかもしれませんが、

そこには

いつも変わらないその人達の動きがあり、それぞれに決まって座る場所がある、

父親の決まった行動、母親の行動、姉妹兄弟の行動、自分の行動も日々変わりがありません。

 

基本的に「家」が示すことは、自分や背景にいる人々の最近の関係や活動について

なので、過去の家が登場したとしても、それは

現在の夫婦の在り方、家族の在り方について考えているから。

 

過去の家は、いわば「参考例」、家庭や家族に対する考え方の原点ともいえ、

そうした

本質的な思念や信念をじっくり眺め、

現在の家が自分に及ぼしている影響について、考えているのだといえます。

 

とりわけ子供の頃住んでいた家というのは

「最初に暮らした家」、心の青写真として永久に記憶に刻み込まれているものです。

いつまで経っても重要なお手本の一つであり、あなたはいま

ひとたびそこに戻り、現在の問題と取り組もうとしている

のではないでしょうか。

 

占い場所
hanako0513をフォローする
夢占い・夢メッセージのキーワード検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました