昔住んでた(過去の)家/実家

場所夢の意味

ずっといると思ってた。

過去の家とともに蘇る記憶を手がかかりに、

現在の問題に対処しようとしていること。

 

多くの人にとって、家は安らぎを与えてくれる場所

です。

勿論、そうではない場合もあるかもしれませんが、

そこには

いつも変わらないその人達の動きがあり、それぞれに決まって座る場所があります。

例えば

父親、母親、姉妹兄弟の決まった行動、自分の日々変わらない行動

が見て取れるわけです。

夢の家には、

そうした、自分や背景にいる人々の最近の関係や活動について

が表れるので、

過去の家が夢に登場したら、あなたが

現在の夫婦の在り方、家族の在り方についてを

過去の自分の在り方をお手本に

考えているのでしょう。

 

子どもの頃遊んだところや育った家が、何度も夢に登場する場合、

その当時の出来事や状況の中に、今の自分を解く手がかりがある、

自分を無意識に束縛、制限してきたテーマがそこにある

ということです。

 

過去の家は、幾つになっても見ることがあります。

そこが「実家」であるなら、あなたの「出発地点」を示唆しています。

家庭や家族に対する考え方の原点ともいえ、

そうした

本質的な思念や信念をじっくり眺め、

現在の家が自分に及ぼしている影響について、考えていることがあります。

 

とりわけ子供の頃住んでいた家というのは

「最初に暮らした家」、心の青写真として永久に記憶に刻み込まれていて、

いつまで経っても重要なお手本の一つですが、

「あの時が一番○○だった」と感じさせる家が、何度も登場するとしたら、

あなたにとって、それが原点であること、

お手本なのです。

あなたはいま

ひとたびそこに戻り、現在の問題と取り組もうとしている

のではないでしょうか。

 

過去にまつわる夢が知らせていること

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました