書く

書く

夢の中で書いた言葉は、あなたの本音を表わします。

心のどこかに潜む本音を現実では隠したいと思ったり、自覚していなかったりもしますが、夢の中で本心を隠すことはできません。

また、夢で文字を書く時、必ずしもすらすら書けるわけではなくて、

どんなに大きく書こうとしても小さくしか書けなかったり、何故かインクが滲んでしまうなど

上手く書けなかったりします。

そのような場合、現実も同じように「上手に言葉にできない」と、悩んでいる可能性が高いでしょう。

夢で書いた文章は、そのまま予言的な影響力を発揮します。

例えば夢で「就職します」といったメッセージを書いていたとしたら、それが現実になる可能性が高いということです。

なぜそんなことが言えるのでしょう。

人の心は未来に向かっているから。

現実のあなたは事実と先入観、自分の能力と感情、生じうること、生じるように願っていることを見ています。

けれど、魂が光を当てていることはそうではないから。

あなたの内部で体験されたもの、内部で生き続けている記憶、あなたが忘れてしまっていても、内奥で存続し続けているものを引き出すことができるからです。

目覚めている時も、私達は「夢を描く」ことができます。

あなたが未来に眼を向けるとき、あなたが現実でどんなに知識を拡げるより、魂の中でイメージすることのほうが真実を表わしていることのほうが多いのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました