暴力的な人物

拳を向け、破壊意欲を見せる
人物・キャラクター夢の意味

夢の中で、

暴言を吐いたり、武器を手にした人に追いかけられる

ことがあります。

私/俺に危害を加えようとする人物は、あなたの中の

あなたが自由に何かしようとするのを阻止する側面

であるといえます。

 

自分

でもお話ししているのですが、

自分も、危害を加える人物も、助けに入る人も自分の心の一部です。

自分に危害を加えようとする人物とは、一体どういう心なのかというと、

何かにつけ、

自責的で批判的、自虐的になる自分

のことです。

あなたの「自然で自由に振舞いたい」気持ちに抑制をかけ、

思い留まらせようとする

のです。

そのような時、自分も反撃して「戦う」こともあるけれど、自我が強くない時、

力のある人物や警察官が登場し、あなたを助けてくれることもあります。

 

相手が暴漢に変る前に、このような流れがあるかもしれません。

自分:思ったことを伝え、感じたことを表現しよう。

相手:は?そんなこと、許されるわけないっしょ。

自分:・・・

相手:あんたさ、普段から気にくわないんだよ。大人しそうな顔して・・(文句をつけだす)

自分:(思い切って反撃する)黙って聞いてればいい気になって。何様のつもり?

相手:暴力的な行為に出る

自分:助けを呼ぶ

助けに入る人物:道徳的に諭す、時には加害者を殺めて(抹殺して)しまう。

 

例えば、職場や家族、過去に起きたことについて、

あなたは、すごく腹が立っていることがあるのかもしれません。

できれば、そうした不満や怒りを全て吐き出してしまいたい、(自由に表現したい)

 

でも、と抵抗が働く。葛藤する。(暴言や暴力で抑えつけようぜ)

 

誰かに相談をもちかける。(警官や裁く人が登場する)

時にはそれで解決する。

が、

意外な展開になることもある。

衝動的に感情をぶつけ、相手を完膚(かんぷ)無きまでに打ちのめし、

相手を破滅へと追い込んでしまう。←あなたや、助けに入った人が、暴漢を殺害してしまう

 

こんなことになるなら、大人しくしていればよかった、と悲しくなる、

こうした流れが描かれる可能性もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました