触る・タッチする

夢の意味行為

自意識を活性化させる

その世界を知ること。

それを認識したり、意識するようになること。

周囲の関係と自分の存在を意識していること。

 

触感が、人を興奮させたり、落ち着かせることもあることから、

性的な感情が含まれていることもあります。

 

私達は、触ってみることで

それがどんな感じなのか、

知ることができます。

水の冷たさとか、焼きたてのパンの柔らかさ、硬さを直接感じる時のように、

その現実を知ろう、本物を知ろう、

イメージ通りであることを確認しよう

としていること。

肯定的には、

それが、新たな思考の可能性を切り開くこと。

 

自分の恥部に触れられ、恥ずかしい思いをする

夢を見る人もいます。そのような夢は、

自分の秘めた世界に介入され、不愉快に思っていたり、屈辱的な思いをしている

可能性があります。

 

夢の中で、躊躇いを感じつつ、何かに触れようとしたり、

触られたくない、と拒絶することもあるかもしれません。

躊躇いを感じるのは、

接触することで生じる危険を察知している

からなのでしょう。

 

「逆鱗に触れる」という言葉もあるように、

私達は、

誰かの弱さや劣等感を抱いている側面に触れることで、

相手にショックを与えることもあるし、

人に「触れてほしくない」弱い側面を持っていたりします。

怒りを感じたりする否定的な夢は、それを教えてくれることもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました