テント

夢の意味

自宅ではない、仮の住まい、

そこに根をおろしているわけではないけれど、目下のところ、

そこで(テントを張った周辺で)何かが進行しています。

 

新学期が始まった日、

「学校の校庭にテントがあって、みんなでそこで寝起きしていた」、

という(楽しい)夢を見る子供もいるし、

現状に不安を抱えている人が、

砂浜(基盤が貧弱)にテントを張っている夢を見る

こともあります。

 

テントは、主にキャンプで活躍する物なので、解釈は

たいてい「キャンプ」に通じていて、

多様性に向き合っていること、

どのようにそれと向き合い、関わっていくか

といったことについて、考えていることが多いです。

 

夢の中で受け取った情報には、

様々な事情が加味されています。

「砂浜にテントを張った」夢は、

「○○になったらどうしよう」とか、

不安定な道に進まざるを得ない、

という夢主の心理を描いてはいても、「現実そうなる」と告げていたわけではありません。

セルフイメージに囚われすぎていたり、

自分だけの悩み

と思い込んでいる可能性もあり、

その価値に気づいていなかったり、付加価値をつくれずにいるだけ

かもしれません。

フラットな視点を持っていられる時は楽しめる砂浜や海も、

不安に囚われていれば、

脅威になります。

そこに、どんなプラスを見出せるか考え、

それを現実の生活やコミュニケーションに活かしていくことが大切です。

 

あなたの根底にある思いを優先しつつも、

起こってもいない未来を妄想するのではなく、

不安を解消するための手立てや、

何ができるか、ということを考え、行動してみましょう。

あなたの心はもう、

次のステージが用意されていることを知っていて、

今がそのタイミングにあり、何かを

手放した先の未来に、楽しい世界が待っているかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました