踏む

踏む

つまらない、価値がないと思っているもの。

見下しているもの。

当たり前のことですが、あなたがとても大事に思っているものを

誰かに踏まれたら激怒するだろうし、そうでないとしても

悲しく思ったり、やるせない気持ちになると思います。

夢では

あなたが踏んではいけないものを踏んで、誰かに怒られていたかもしれません。

誰かの目に「価値なし」とされるものとは、

悪であったり、醜であったり害であったりすることがあります。

生命に対する否定的ないし消極的なもの

ともいえるでしょう。

夢で踏んだり踏まれてしまったものは、

悲しいかな、誰かの目にはそう映っていることがあります。

 

すべての価値は

主観的な価値に過ぎず、

例えば

鯖の塩焼きは、多くの日本人は好きで食べますが、

魚の目を見るのを嫌がるフランス人は、食欲を減退させるものでしかなく、

とても食べる気にならなかったりします。

 

夢の中で何かを踏んで、人に忠告を受けたなら、

あなたが、その人にとっての精神的な糧となるものを価値なしと思っているのかもしれません。

その人の

生きようとするその生命力を短縮したり、圧迫したり、停滞を生じさせる

可能性があるもの。それに関連しているもの。

 

あなたが踏まれて悲しく思っていたなら、

自分にとって精神的な糧であるとか、

心身の生活力を回復するためにあった物事や行為を粗末にされ、

まさに踏みにじられたように感じている

可能性があります。

 

この夢を現実にいかすとしたら、

互いに違う人格だと思ったうえで話をしたり、接すること

であるでしょう。

主導権は「そのもの」にあるのではなく、あくまで

主体である人間が握るもの

なので、

時にはその人の精神的な体力がつくまで、温かく見守る必要があるかもしれません。

占い行為
hanako0513をフォローする
夢占い・夢メッセージのキーワード検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました